カフェフィロとは? | Cafe Philo カフェフィロ

カフェフィロとは? | Cafe Philo カフェフィロ

カフェフィロとは?

哲学カフェ発祥の地カフェ・デ・ファール

カフェフィロは「哲学カフェ」をはじめとする街中での哲学対話の実践やサポートを行う集団(任意団体)です。カフェフィロの名前のもとになった「哲学カフェ」は、街中のカフェなど誰もが自由に出入りできる場所で、飲み物を片手に参加者同士で特定のテーマについて話し合う営みです。1992年にフランス・パリのカフェで偶然生まれ、その後世界中に広がっていきました。

駅での哲学カフェ

街中のカフェで、あるいは駅で、公共のスペースで哲学する。そのような活動が日本でも少しずつ始まっていた2005年、社会のなかでの哲学対話実践や、その支援を目的としてカフェフィロは誕生しました。

設立時のメンバーは大阪大学の臨床哲学研究室の関係者が中心となっていましたが、大学からは独立した団体として活動しており、今では会社員や教育関係者など多様なメンバーが参加する団体となっています。

カフェフィロは社会で行われている様々な活動や組織と連携しながら、「社会のなかで生きる哲学」を探求し、それらの実現にあたるとともに、哲学とともに生きる人たちを応援し、サポートします。

活動内容

  • イベントやセミナーの開催…哲学カフェなどの哲学対話イベント・セミナーの企画・運営を行います。
  • 進行役派遣…オーダーメイドの対話の場づくりをお手伝いするため、外部団体からの依頼に応じて進行役を派遣します。
  • メディアづくり…哲学とともに生きる人のためのメディアとして、活動紹介やイベント告知、哲学対話に関する情報発信などを行います。
  • ネットワークづくり…哲学対話の実践者を対象とした研究会、勉強会、交流会などを開催します。

メンバー

  • 山本 和則

    山本 和則 (代表)

  • 松川 絵里

    松川 絵里 (副代表)

  • 三浦 隆宏

    三浦 隆宏 (副代表)

  • 赤井 郁夫

    赤井 郁夫 (事務局)

  • 鈴木 径一郎

    鈴木 径一郎 (事務局)

  • 廣井 泉

    廣井 泉 (事務局)

その他のメンバーを見る

沿革

  • 1995
    臨床哲学研究会スタート。十数回開催。
  • 1998
    大阪大学大学院文学研究科内に臨床哲学研究室が発足。
  • 1999
    海外の学会で「ソクラティックダイアローグ」や「子どもの哲学」といった「哲学プラクティス」の活動を知り、日本でも試行する。
  • 2000
    應典院で哲学対話イベント「哲学カフェ」をはじめて試みる。その後、各所で開催。
  • 2001
    研究室として活動することの制約を取り除く為に「哲学コミュニケーションkikumimi」を立ち上げる。哲学カフェやソクラティックダイアローグを開催。
  • 2002
    研究室が福井高校(茨木市)で「哲学の授業」を請け負う。それがきっかけで「哲学教育」や「子どもの哲学」により目を向けるようになる。
  • 2004
    活動が徐々に多様化し始める。育児サークルの参加者を対象にした哲学カフェがはじまる。「子どもの哲学」が本格的に活動・研究スタート。”1room”でミルトークがスタート。
  • 2005
    活動に関わる人が研究室をこえて多様化し各人の活動が広がりはじめたことに伴い新組織創設の方向が明確に。
  • 2005.04.02
    新組織として発足。活動開始。

メディア実績

  • 2017.01.19
    NHK「おはよう日本」内で岡山での哲学カフェ(進行役:松川絵里)の模様が紹介されました。
  • 2016.11.23
    ダイアモンド・オンラインの記事「ビジネスパーソンの知的欲求、「歴史」から「哲学」へ!」の中で副代表三浦のコメントが掲載されました。
  • 2016.10.22
    岡山シティエフエム FM790『RadioMOMO』の番組「輝くおかやま夢ガール」に副代表松川が出演しました。(2016.10.26再放送)
  • 2016.06.08
    朝日新聞の「リレーおぴにおん」に副代表松川のインタビューが掲載されました。
  • 2016.04.12
    4月12日の読売新聞「生活調べ隊」に代表山本の開催する哲学カフェの模様が掲載されました。
  • 2016.04.01
    ※ここでは2016年4月以降のメディア掲載実績を紹介しています。