テツトーク!『哲学はこう使う』〜哲学者は何をすれば仕事したことになるのか?〜 | Cafe Philo カフェフィロ

テツトーク!『哲学はこう使う』〜哲学者は何をすれば仕事したことになるのか?〜 | Cafe Philo カフェフィロ

2
19

テツトーク!『哲学はこう使う』〜哲学者は何をすれば仕事したことになるのか?〜

オンライン

テツトーク (1)

イベント申し込みは下記のページからお願いいたします。
http://ptix.at/VFRPJd

テツトーク!は哲学に関する書籍の執筆者をお招きし、関連するテーマについてお話を伺う企画です。今回は堀越耀介さんの著書『哲学はこう使う:問題解決に効く哲学思考入門』(実業之日本社)を題材に、ビジネス現場での哲学実践について語り合います。

近年、教養や思考ツールとしての哲学が注目され、ビジネス雑誌等でも取り上げられる機会が増えてきました。海外では企業内で哲学者が雇用されている事例が知られていますが、日本においても哲学研究のキャリアを活かし企業に関わる人たちが登場しています。
今回は企業向けの哲学コンサルティングや哲学対話に関わる堀越耀介さんと、企業で監査役として活動されている佐々木晃也さんをお招きし、アカデミアの外で哲学者が仕事をするとはどのようなことなのか考えてみたいと思います。

○ゲスト(敬称略)

堀越耀介(クロス・フィロソフィーズ株式会社共同研究員)
東京大学大学院教育学研究科博士後期課程/日本学術振興会特別研究員。研究テーマは、教育哲学、哲学プラクティス。学校教育におけるP4Cの実践や、民間企業における哲学対話・哲学コンサルティングを行う。著書に、『哲学はこう使う:問題解決に効く哲学思考入門』。

佐々木晃也(株式会社メタ監査役)
大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程。研究テーマは、 スピノザ哲学(特に20世紀フランスの解釈者たちを踏まえた「 能動的になること」の問題)。研究活動の傍ら、 企業組織への所属や個人クライアントを持つことを通して、 哲学者としての仕事を行っている。

○日 時:2月19日(土)14:00-16:00
※事前にチケットを購入いただいた方限定で終了後1週間見逃し配信をいたします。
○場 所:オンライン(Zoomでの開催)
○参加費:1,500円(サポーター/パートナー会員の方は1, 000円)
○主 催:カフェフィロ

※視聴者はチャットでの参加となりますので予めご了承ください。
※見逃し配信の視聴にはイベント開催前にチケットの購入が必要ですのでご注意ください。

イベント詳細

開催日 2022年2月19日(土) 時間 14:00~16:00
イベント種別 テツトーク! 開催者 カフェフィロ会員のイベント
会場 オンライン
会場所在地 〒 オンライン
 
参加お問い合わせ info@cafephilo.jp
  • イベント一覧